【脱初心者】普通登れない?ボルダリング「5級」達成したら十分すごいという話

【脱初心者】普通登れない?ボルダリング「5級」達成したら十分すごいという話

 

ボルダリングを始めて最初に絶望すること。「5級」の壁。初心者だとほぼ到達できない領域。この記事はひたすら5級はマジですごい!という内容をお伝えしていきます。笑 最近5級で停滞して脱初心者できずに萎えている人、5級が登れず脱初心者できない、、と自己肯定感が下がってしまっている6級クライマー。「5級はすごい」と再認識して自己肯定感を上げちゃいましょう。そして、本当に「5級」はすごいです!では、いきましょう。

 

ボルダリング「5級」到達がすごい理由

O-DAN

ボルダリングを始めて5級に到達できる人の割合を考えてみましょう。統計データがあるわけではないので、個人的な感覚でしかありませんが、ボルダリングを始めて5級に到達するのはかなりレアです。それほど壁が大きいです。ただ、「5級」といってもジムによって難易度に差があるのでこれという正解はないです。今回は一つの基準として「PUMP」系列で「5級」をクリアできるという基準でお話します。全く馴染みのない地域の方は本当にすみません、、

 

time-waits-for-no-one.com

 

理由
  1. ムーブの理解がないと厳しい
  2. 絶対にクリアするというメンタル
  3. ジムに通う習慣

 

ムーブの理解がないと厳しい

O-DAN

ボルダリングというスポーツはただやみくもに登っていればいいわけではなく、「ムーブ」という概念を理解する必要があります。

 

ムーブとは?ボルダリング中の体の動かし方のこと。さまざまな種類のムーブがあり、課題によって「ムーブ」の使い分けをすることでスムーズに登れるようになります。

 

6~7級までは正直力技でイケる課題もあると思いますが、5級からは「ムーブ」を理解して課題に挑まないと攻略は厳しいです。例えば、身体が振られて落ちないようにするために「スメアリング」という動きを取り入れたり、手で持てるホールドは足も置けるという発想の「手に足」だったり。細かいホールドの持ち方だったり、、他にもいろいろありますが、深く「思考」しないとクリアできないのが「5級」です。つまりボルダリングへの理解がないとクリアできない、、決してマグレでは到達できない領域なのです。

 

絶対にクリアするというメンタル

O-DAN

マグレで到達できないということは、大抵の人は「挫折」します。ボルダリングの「難しさ」を実感して絶望します。ここで心が折れてやめる人がほとんど。腕は痛いし、クリアできないし、つまらないからやめるか、、6~7級を順調にクリアしていき「余裕」をかましていた人も、どんどん退場していきます。ここで残った人間は選ばれし人間。希望の船エスポワールに乗れる権利を持った人間なのです。

 

何度落とされてもめげません。時には心が折れることもありますが、決してあきらめない。まさに狭霧山で修業をする竈門炭治郎のような精神力を持った人間だけが「5級」に辿り着けるのです。

 

ジムに通う習慣

5級をクリアするには、ボルダリングジムにしっかり通う必要があります。ジムに通うという習慣もなかなかハードルが高いもの。習慣化に失敗する人がほとんどですが、「5級」を達成した人間は物事を「習慣化」できる側の人間。この時点でもうボルダリングに限らず優秀な人間なのです。

 

ボルダリングは「5級」から面白くなる

そんな修羅の道を突き進まなければ到達できない「5級」ですが、ボルダリングは「5級」をクリアしたあたりから楽しくなります。

 

習慣化して「4~3級」の中級者を目指す

ボルダリング「5級」をクリアした人ならもちろん次に目指すは「4級」です。5級をクリアできた人なら、ジムに通う習慣も根付いていると思うので、「4級」はもう射程圏内!中級者到達はすぐそこです。「4級」に到達するのにもまた一つ大きな壁がありますが、初心者~5級のハードルに比べると低いはずです。やっぱり0→1にするのが1番労力を使いますからね、、

 

セッションに参加できるようになる

よくボルダリング上級者が数人でワイワイ課題に向き合っているのを見かけませんか?「5級」をトライしているレベルになると、セッションと呼ばれるものに参加できるようになります。

セッションとは?同じ課題を複数人で登ることです。

 

1人で淡々と課題に立ち向かっていると、同じ課題にトライしている人と出会います。自分と同じような場所でつまずいている人が居ると、「やっぱりあそこ難しいですよね」と会話が弾みます。これはもう人見知りとか関係なしに会話が弾むし、会話をしているうちに「そんなやり方あるんだ」と新たな視点を得ることもできます。

 

こんな感じですかね?」と試行錯誤しながら一緒に同じ課題を登っていると親近感が湧き、「ボルダリングっていいなー」と思うはずです。このセッションというイベントは「5級」から発生することが多くなります。ある程度の難易度がないと同じ課題でつまずかないから、というのもありますが、専門用語がわかってくるのも「5級」くらいなので、会話もスムーズなんですよね。セッションができるようになると、ボルダリングの楽しみが加速します。

 

外岩の課題とも戦えるようになる

O-DAN

ボルダリング=ジムではなく、ジムが後で外岩が最初です。外岩なんて登らないよ。と思っている人も外岩に行くと楽しさがわかります。ジムの課題はコロコロ変わりますが、外岩は基本「不変」です。

 

数々のクライマーがトライしている歴史ある外岩は、非常に尊いものなんですね。身体的特徴や得手不得手があるので、一概には言えませんが、「不変」の課題だからこそクライマーの強さを唯一可視化できます。

 

共通言語みたいなものですかね。外岩にハマるとこの課題を登るために生きるという「」ができるので人間としてブレにくくなります。そんな外岩もやはり初心者では全く歯が立ちませんが、「5級」を登れるくらいになると、簡単な外岩ならクリアできる実力はもう既に持っているはず。外岩を覚えるとさらに楽しさが広がります。

 

time-waits-for-no-one.com

 

初心者から見たら神レベル

photoAC

 

初めてジムに見学に行ったとき、なんか逆さになって登っている人間の姿を見ると初心者は唖然とします。どうなってるの?と口をポカーンと開けるしかなくなります。逆さになって壁を登っていく「ルーフ」という課題が出てくるのも「5級」くらいから。自分にとっては当たり前に登っている課題も初心者から見ると「びっくり人間?」くらいのインパクトがあります。自信を持ちましょう。初日に見学していた自分を思い出してください。「こんなのできるわけない」と思っていたその姿に「今」自分はなっているんですから。

 

ボルダリング「5級」を達成するのはすごい

以上の理由からボルダリング「5級」を達成するのはすごいことです。そして「5級」の壁を越えることで、また世界が広がることでしょう。脱初心者できないと嘆く人も、停滞している人もみんなすごいです。ここまでやった自分を褒めて、またやっていきましょう。あなたならできるはず。いや、できます。では、また。

 

time-waits-for-no-one.com