スノーピークの焚き火台を買うなら【L】一択な理由

スノーピークの焚き火台を買うなら【L】一択な理由

f:id:ashwagandha:20200724164001p:plain

 

最近は直火できるキャンプ場は減少傾向にあり、直火だけにこだわってしまうと、キャンプ場を選ぶ時に選択肢が狭まります。

 

しかし、焚き火台って種類が多くてどれを選んでいいかわからない、、

そんな方にはスノーピークの焚き火台を買っておけば間違いなし、かつサイズは【L】がおすすめです!

 

なぜスノーピークの焚き火台ならL一択なのか??

理由を説明していきます。

 

では、いきましょう。

 

 

推奨サイズ
S=ソロ
M=2~3人
L=3~4人

 

推奨サイズはこの通りなんですけど、仮にソロキャンプをやる場合でもLが良いと思います。

理由は2つです。

 

理由
①オプション
②Lサイズは薪が入れやすい

 

①オプション

 

何故Lをおすすめするかというと、まずオプションが豊富だからです。 

 

 

画像のように焚き火台に網や鉄板を設置することができます。

例えば、左で網系の料理をして右で鉄板系の料理を同時に調理することも可能です。

 

片方で肉を焼いてもう片方で焼きそばなんて最高ですよね。

 

実際に網で焼くとこんな感じです。

 

f:id:ashwagandha:20200712105729j:plain

 

うーん、いい感じで焼けてます!!

 

ブリッジに置けるオプションは全部が網のものもあるし、網+鉄板にできたりアレンジがいろいろできますので、やる料理によって選んでみてください。

 

焚き火台でも調理を極めればガス缶の節約にもなりますし、暖も取れるし一石二鳥です。

 

ハーフ+ハーフをするならLサイズ

 

待って。なら別にMサイズでもSサイズでも良くない??

という声が聞こえてきそうですが、スノーピークの焚き火台ってSとMはハーフ+ハーフができないんですよね。

 

Lサイズのブリッジにぴったり合うように作られているので、ハーフ+ハーフを実現するためにはLサイズのブリッジを使う必要があり、Lサイズより小さいSとMではダメなんです。

 

 
ちなみにハーフの鉄板をMサイズのブリッジに乗せるとなんとも言えない空白ができてしまいます、、笑
 

ジカロテーブルを使用するならLサイズ

 

ジカロテーブルという耐熱性のテーブルがオプションであります。

ジカロテーブルの真ん中に焚き火台を置くことで、みんなでテーブルを囲みながらキャンプができるというテーブルです。(ソロでは絶対使いませんが、、笑)

 

f:id:ashwagandha:20200720111230j:plain

 

ジカロテーブルを使うのにサイズは関係なくない??

実はあるんです。笑

Lサイズの焚き火台はベースプレートスタンドというオプションを下に置かないと平行の高さになりません。

 

 

高さが合っていないと、やはり不格好になってしまいます。

本来ベースプレートは、放熱を緩和させて芝を守る為の道具です。 

ちなみにL/Mというのはひっくり返せばMも置けるという意味ですが、Mサイズをジカロテーブルに置くと微妙に低く不格好になってしまいます。

 

将来ジカロテーブルを使うかも??という人はLサイズを選んでおくと後悔がないと思います。

 

 

②Lサイズは薪が入れやすい

 
ソロキャンプでもLサイズをおすすめする理由は薪が入れやすいということです。
焚き火台全般に言えますが、サイズが小さいと薪をいちいち細かくする作業が必要になるので個人的には省きたい作業です。(楽しんでやる人も居ますが)
 
やっぱり焚き火台はガンガン薪を放り込みたい派です!笑

 

スノーピークの焚き火台を買うならLサイズのスターターセット一択

 

最終的な結論は、スノーピークの焚き火台を買うならスターターセットを買ってしまった方が良いです。

 

理由は単品で売ってるけど、必ず必要なものがすべてそろっているからです。

スターターセットに入っているのは4つです。

 

スターターセット
1.収納ケース
2.焚き火台ベースプレート
3.炭床
4.焚き火台本体

 

収納ケース

 

単体で買っても収納ケースは付いていますが、ナイロンのものなので、心もとないです。笑

一方スターターセットの収納ケースは6号帆布が使われているので安心です。

 

6号帆布とは?? 帆船の帆、テント、パラシュートなどに使われている強度抜群のキャンバス生地です。

 

収納ケースには本体のみならずブリッジ、炭床、網、火ばさみなども入れますが全然やぶける気配がないほど丈夫です。

逆に代用しようとしても、相当強度があるものじゃないとスノーピークの焚き火台の重さに耐えるのは厳しいでしょう、、

 

焚き火台ベースプレート

 

下に敷くベースプレートも付いています。

キャンプ場の芝などを焚き火台からの熱伝導から守る意味もありますが、スノーピークの焚き火台って上の方を持つと閉じちゃうんですけど、プレートがあれば持ち運びしやすく便利です。

 

炭床

 

炭床も付いています。

炭床を敷いて下に空間を作ることで、燃焼効率が良くなるので、炭、薪への着火が早まりますし、最後に薪が残ってしまう心配も減ります。

 

空気の出口がない焚き火台は最後まで薪が燃え尽きてくれない可能性があります。

 

後片付けの手間をかけない為にも、焚き火台の燃焼効率は大事です!

 

他社製品との差

 

メリット

他社と比較した時に、スノーピークの焚き火台のメリットを挙げろと言われればやはり丈夫さです!

超分厚い壁なので、熱負けはまずしないでしょう。

つまり半永久的に使っていけるので、一生の相棒にするなら最高の焚き火台かなと思います。

 

デメリット

メリットもあればデメリットもあります。

とにかく重いです。笑

スターターセットの合計は約11kgです。

どんだけ重いんだ、、

 

ソロキャンプでもスノーピークの焚き火台を検討している人は車前提だと思いますが、車でなければまず、ムリですね。 

 

でも、コンパクト性は意外とあり、 焚き火台本体を畳むとかなりスリムになるので、車なら端にスっと入れておけば、そんなに邪魔になりません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回はスノーピークの焚き火台Lについて深堀りしていきました。

 

オプションガンガン買うならLが最高だよねという結論です!

 

オプションはほとんど買う予定はないし、2人くらいでいいかなーという人はMサイズを選択するのも全然アリです!

 

この記事が何かの参考になれば幸いです!

では、また!

 

time-waits-for-no-one.com