徒歩ソロキャンプのススメ【楽しみ3選】

徒歩ソロキャンプのススメ【楽しみ3選】

f:id:ashwagandha:20200825003751p:plain

 

 

キャンプ=車というイメージはもはや古い、、

 

今はコンパクトな道具がどんどん増えてきました。

 

テントポールの素材も軽量で丈夫になってきたし、縫製技術の進化によって薄い生地でも丈夫な商品もたくさん出てきました。

 

最近は車を持つのも一苦労という時代ですし、そもそも都会なら車あんまり使わないですよね。

 

車がないとキャンプができないという固定観念は非常にもったいないです。

 

徒歩でも全然楽しめるよ!!ということをお伝えできればと思っております。

 

という自分もキャンプ=車というイメージはありました。

 

でも、アウトドアショップで働くようになってからミニマムギアに感動を覚えました。

 

こんなに小さなバーナーがあるのか、、

 

こんなに小さなテーブルがあるのか、、

 

こんなに小さなテントがあるのか、、

 

寝袋ってこんなに小さくなるのか、、

 

など、一切アウトドアに関わってこなかったので、衝撃でした。

 

同時に「これってコレクションとして楽しいんじゃないか??」

 

という新たな視点も得る事ができました。

 

という事で前置きが長くなりましたが、、

 

楽しみ3選です。

 

本題

 

準備

 

キャンプの楽しみは準備から始まっています。

 

何を持っていくか、キャンプ場で何をするか、必要なものは何か??

 

一見めんどくさそうな作業ですが、これを考えるのが好きだったりします。

 

徒歩キャンプと車どっちがリスキーなのか??

というと確実に徒歩ですね。

 

何故かというと、まず荷物に制限があります。

 

ゆえに初めて行くキャンプ場だとまわりにコンビニがあるか??

売店閉まるから薪を買っておかなければ、、

 

など、いろいろ心配しなければなりません。

 

しかも徒歩だと終電があるので、過ぎれば帰る事はできません。

 

一方車なら基本荷物に制限がない、コンビニが近くになくても車で遠出できる。

 

薪もあらかじめ積んでいける。

 

しかも車で寝れるし、最悪帰れるという最強さ。

 

充電もできるし、、

 

使えるギアも行く場所の選択肢も増えるので、車はやっぱり最強、、

 

徒歩キャンパーだからこそ

 

これに比べたら徒歩キャンパーは快適に過ごすための準備を慎重にしなければなりません。

 

徒歩キャンパーはかなりハンデがあるなーと思った方!!

 

だからこそ徒歩キャンプでの準備が楽しいものになるのです。

 

装備の厳選、どうやったらかさばらないで持っていけるか、試行錯誤してキレイに収まった時は最高です。

 

その装備でソロキャンプが成功したとき達成感ハンパないです。

 

次はさらに軽くすればもっと疲れないで行けるなーとか思ってどんどん身軽にするように進化していきます。

 

最新だと25Lにまで研ぎ澄ます事に成功しています。


 最初は65L+両手にテントとレジャーシート持って行ってました。

 

余計なもの持っていきたいのは仕方ないです。

 

最初は余計なものを持っていきましょう。

 

そして、どんどん削っていきましょう。

 

削る事によってキャンプのハードルもどんどん下がっていきます。

 

温泉

 

車で行こうが徒歩で行こうが温泉は最高。

 

ですが、徒歩キャンパー最大のメリットはビールを飲む事ができるという事です。

 

これは車ではできません。

 

最大のメリットですね。

 

達成感をさらに高めてくれます。

 

自由

 

車を自由に一人だけで使える方には関係ないかもしれませんが、車がない日とかがあるといきなりキャンプ行きたい!と思っても難しいです。

 

しかし、徒歩キャンプならそれが可能。

 

その日、前日の飲み会で昼の12時まで寝ていました。

 

12時起床というのは「あぁ、もうすぐ一日が終わってしまう」

 

という後悔する起床時間です。

 

ここから何かを始めようにも、昼飯をダラダラ食べていたらあっという間に13時です。

 

これはマズイ!!

 

誰もが絶望する状況ですが、徒歩キャンパーは違います。

 

圧倒的身軽さ

 

あらかじめザックに道具を用意していれば、キャンプ場の営業時間を確認して出発するだけです。

 

必要な食料や消耗品をチェックしてコンビニやスーパーで30分程度準備すれば出発できるのです。

 

実際に何もない準備していない状態でも徒歩キャンパーは日ごろから準備を丹念に行っているので、必要な道具はすぐに思い浮かびます。

 

電車で2時間くらいのキャンプ場なら例え12時に起床してしまった日でも、すぐ行けば16時には着けます。

(最終チェックインは確認しましょう)

 

16時について設営して、日が暮れてきたら焚き火をしながらビール片手に肉でも焼いて食べれば超充実した一日になります。

 

早めに撤収すれば、次の日に温泉入って家に帰ってもまだ15時くらいという状況を作り出す事も可能です。

 

まだ夜まで全然時間ある!!

 

最高ですね。

 

何もしなければ充実感ゼロになるはずの12時起床の日から一発大逆転です。

 

このすぐさま行動できる自由こそ徒歩キャンパーの醍醐味です。

 

まとめ

 

個人的に徒歩キャンプにはすごく思い入れがあります。

 

デビューが徒歩キャンプ+ソロキャンプだったからです。

 

インドアなので当然車もペーパードライバーです。

 

徒歩で行く以外に選択肢がありませんでした。

 

一生懸命装備を研ぎ澄ましてもザック65リットル+両手にテント+レジャーシートでした。

 

今や25リットルで行けるようになり、よりキャンプに行くハードルは下がりもはや散歩感覚で出発できます。

 

ここまでくれば後悔する休日というのはだいぶ減るのではないかと思います。

 

車もやっぱり最高で、車でしかできない事もたくさんあります。

 

ただ車がないからといってキャンプライフをあきらめないで下さい!!

 

徒歩でも車でもキャンプは楽しめます!!

 

では、素敵なキャンプライフを、、

 

 

time-waits-for-no-one.com