【ほしい】ソロキャンプの快適さは結局チェアが超重要なんじゃない?という話

【ほしい】ソロキャンプの快適さは結局チェアが超重要なんじゃない?という話

リクライニングチェア

 

なんかソロキャンプって疲れるなとか、いまいちリラックスできないんだよなとか。ソロキャンプを続けているとふと思いませんか?原因をよくよく考えた結果、ある結論に辿り着きました。「チェアが重要なんじゃない?」という結論です。

 

そう。チェアです。よくよく考えてみると当たり前の話で、キャンプってほぼ「座っている」じゃないですか。(キャンプスタイルによるかと思いますが、、

ほぼ座っている=チェアが最高なら快適なわけです。ただ自分はアンチチェア派でした。

 

 

地べたスタイルでは限界も

O-DAN

そう、サーマレストを座布団にすればキャンプマットにもなるし、敷けば座れるしで一石二鳥じゃん。そう思っていましたし、ずっとそれが正しいと思っていました。

 

time-waits-for-no-one.com

 

しかし、アウトドアショップで極上のチェアに座った瞬間、価値観が一気に覆ることに。「あ、これキャンプに取り入れたら最高じゃん」と普通に思ってしまいました。笑

 

リクライニングやリラックスチェアが最強?

その運命の出会いを果たしたチェアは「リラックスチェア」「リクライニングチェア」と呼ばれるものでした。それはそれは衝撃でしたよ。背もたれをほぼ平行にまで倒せるタイプや、フットレストがあるチェアなど。フットレストがあると、もうテーブルに足を行儀悪く乗せないでもよくなるんですね。

 

コンパクトチェアにはない魅力

ならヘリノックスとかにコンパクトで快適なチェアがいっぱいあるからそれでよくないですか?と言われそうですが、違うんです!コンパクトチェアだと「快適」ではあるけど「極上」ではありません。個人的にはどうせ持っていくならもはや「極上」が良いと思っています。

 

そのままうたた寝できる魅力

コールマンインフィニティチェア

rakuten

確かにヘリノックスはコンパクトかつ快適という最高の条件を満たしていますが「うたた寝」したくないですか?ソロキャンプで。ソロキャンプでうたた寝って最強ですよ。大自然で読書しつつ「うたた寝」って、、もう考えただけで贅沢。ブランケットでもあればさらに最高。音楽聞きながら空を眺めましょうよ。雲が流れるままにリラックスしましょうよ。きっとボキャブラリーが「最高」の1つだけになります。最高。

 

徒歩キャンプの場合は持ち運びしにくい

悲報です。「最高」のリラックスチェアですが、とにかく重いんです。しかもかさばります。徒歩でキャンプすら持っていくことはほぼ不可能。徒歩キャンパーの我々はもうあきらめるしかないのでしょうか?いえ、まだあきらめる必要はありません!「リラックスチェア」には折りたたみ型と収束型の2つがあります。

 

特徴
  • 折りたたみ式=フレームや生地がしっかりしていて丈夫。背もたれをフラットに倒せるなど、リクライニング機能は素晴らしいが、重いタイプが多く車向き
  • 収束式=4本の脚を傘のように収束できるので、ソフトな素材が多く軽量。かさばりはするものの、頑張れば徒歩でも対応可能。

 

折りたたみ式は車のみ

コールマンインフィニティチェア

rakuten

残念ながら折りたたみ式はあきらめるしかなさそう。とにかく折りたたみ式は重い、、その分フレームや生地がしっかりしているので、背もたれを平行まで倒すという芸当が可能ということです。

 

収束式なら徒歩でもギリ持ち運べる

f:id:ashwagandha:20211004105102j:plain

rakuten

徒歩キャンパーのみなさま。持っていくなら収束式です。収束式はフットレストがついているリラックスチェアが多いイメージです。背もたれを平行まで倒すことはできませんが、フットレストがついているだけでも、快適さは全然違います。

 

収束型のリラックスチェアもヘリノックスなどのコンパクトチェアに比べると重いし、かさばりますが、収納ケースがショルダータイプのものが多いので、肩がけして持ち運べます。ちょっと頑張る必要はありますが、その価値はあると思っています。

 

【折りたたみ式】車での移動におすすめ

車での移動なら「極上」の座り心地のチェアを持っていくことができます!

コールマン/インフィニティチェア

おすすめポイントリクライニング機能を使えば、まるでベットの上で寝ているかのような感覚。大自然の中で「うたた寝」ができます。キャンプ中に「なんか疲れるなー」ということも減ると思います。メッシュの生地は通気性が良く、枕が付いているのもうれしいポイント。読書をする時にもおすすめですし、天体観測とも相性抜群。

 

コールマンインフィニティチェア

rakuten

 

 

【収束型】徒歩での移動にも対応

かなりかさばりますが、頑張れば徒歩でも持ち運び可能。苦労した分だけキャンプは快適になりそうです。

ホールアース/マーメイドチェア

おすすめポイント包まれるような座り心地のチェア。ハイバックでもないし、微妙そう、、と思ってあなどるなかれ。独特の安定感があり、包まれている安心感もあります。疲れ知らずのチェアです。重さは3.95kgとリクライニングチェアとしては軽い方ですが、めっちゃかさばります。笑

 

 

ホールアースマーメイドチェア

rakuten

 

 

ホールアース/クラムチェア

おすすめポイントマーメイドチェアとほぼ形状は同じですが、クラムチェアの方がふかふかです。中綿がたっぷり入っているので、マーメイドチェアでちょっと気になったひじ掛けもカバーできている。個人的には座り心地はマーメイドチェアよりも上です。

 

ホールアースクラムチェア

rakuten



 

ホールアース/シエスタチェア

おすすめポイントフットレストが付いているハイバックチェア。ハイバックで足を伸ばせるので、収束型の中ではリラックス機能が非常に高い。職場の休憩中によく座っていますが、靴を脱いでフットレストを使うと本当に寝れます。というか寝てます。重さが6.5kgあるので徒歩は厳しそう。

 

ホールアースシエスタチェア

rakuten

フットレスト機能付き

rakuten

 

 

スノーピーク/TAKEチェアロング

おすすめポイントフレームが竹の集成材です。TAKE(テイク)チェアと読みますが、TAKE(タケ)チェアともかけているみたいです。でハイバックタイプで座布は丈夫な6号帆布。取り外しが容易なのでお手入れも楽です。重さ3.5kgと比較的軽いのでかさばりますが、徒歩キャンプでも許容範囲。ちなみに知り合いはTAKEチェアにキャンピングマットをくくりつけて電車で移動するそう。

 

スノーピークTAKEチェア

rakuten

 

 

リクライニングチェアで快適なソロキャンプを

ここまで「リクライニングチェア」を紹介してきましたが、収束式が軽量とはいえ、やっぱりかさばるので、徒歩キャンパーに推奨するものではありません。リクライニングチェアを使うなら、基本はがおすすめです。ただ、ソロキャンプを快適にするために他の荷物を削ってでも、極上のチェアって持っていく価値はあるんじゃないかなと最近思っています。

 

マットとチェアが「極上」だとやっぱりキャンプは快適になります。それはキャンプのほとんどが「座っている」か「寝ているか」だからですね。最近キャンプ疲れるなーと思っている人は、こんな選択もある、というのを知っておいて損はないんじゃないかと思います。では、また!

 

time-waits-for-no-one.com