キャンプの不安【初キャンプ】

キャンプの不安【初キャンプ】

f:id:ashwagandha:20200825004722p:plain

 

 

 一回やってみると全然そうでもないんだけど、やる前はめっちゃ不安な事を書いてみました。

 

なんか怖そうだなとか、ハードル高そうだなーと思いがちなまとめです。

 

バーナーを点火させること

 

これ最初すごく怖いですよね。

 

本当に点火するのか不安でしたし、火災につながりそうなイメージなんで火の扱いは怖いです。

 

実際はガスを出し過ぎたり、傾けたりしなければ大丈夫です。

 

注意点

 

1.ガスをはめる時に火力調節のツマミが閉まっている(-方向)ことを確認して下さい。

 

開いた(+方向)ままガス缶をつけるとガスがプシューってなります。

 

2.ツマミが閉まっている事を確認します。

 

バーナーにガス缶を付けたらゆーっくりツマミを+方向にまわします。

 

すると、少し音がするのでイグナイターでカチカチするか、ライターを近づけてあげれば点火します。

 

これさえ守れば問題なく点火できると思います。

 

あ、テント内でのは使用はゼッタイだめですよ!

 

テントポールのしなり具合

 

設営も怖いですが、設営中に思うのはポールが曲がったら今日キャンプできなくね??

という恐怖です。

 

しかも、設営する時にポールって結構力入れたりするし、正解だとしても折れそうで怖いですよね。

 

よっぽど力任せに設営しない限りは折れる事はありません。

 

大体テントポールはしなりに強くできているはずです。

 

でも、ヤバいと思ったらしっかり手順を見直しましょう。

 

確実に合ってるだろうと思ったら、勇気を出して力を入れて頑張りましょう。

 

合ってる場合ならそうそう曲がりません。

 

薪の火付け

 

初ソロキャンプは10月下旬の奥多摩でキャンプしました。

 

その夜は結構冷えることはわかっていたので、薪への着火はすごく不安でした。

 

でも着火剤があれば、よっぽどの大木でない限り付くから安心して下さい。

 

薪の種類

 

1.針葉樹

 

油を含んでいる為、焚き付け用として使われます。

 

燃焼時間は短めです。

 

スギ、ヒノキ、マツect...

 

2.広葉樹

 

密度が高いものが多く燃焼時間が長い。

 

カシ、ナラ、クヌギect...

 

キャンプ場に売っている薪は針葉樹が多いイメージがあります。

 

やってみるとちゃんと付くので、安心して下さい。

 

僕は着火剤を忘れて新聞紙で一生懸命つけました。

 

夜のトイレ

 

これひとりキャンプですっごく怖いんですよ。

 

慣れないとみんなで居ても怖いですが。

 

解決方法はヘッドランプという事に気付きました。

 

あまりにも照度の高いものは迷惑になりそうなので、避けた方がいいかと思いますが、自分の視界全体を照らせるくらいの照度があれば怖くないです。

 

これで解決しました。

 

テント設営場所

 

これは非常に悩みました。

 

何故かいろいろ被害妄想が浮かんできます。

 

「ここに張ったらにわかだと思われるかもしれない。」とか

 

「ここに張ってて怒られたらヤバい」とか

 

「張って移動命じられたら設営し直しかよ」とか

 

不安が生まれます。

 

これを解消するためには、サイト選びを間違いないようにしましょう。

 

サイトの種類

 

1.区画サイト

 

張る位置が既に決まっているので、非常に楽です。

 

悩む心配がないです。

 

ただ、基本予約ありです。

 

2.フリーサイト

 

どこでも張っていいですというスタイル。

 

自由度は高いけど、初なら混乱するだけ。

 

どこに張っても落ち着かないと思います。

 

なので、初キャンプは区画サイトにしておきましょう。

 

僕は最初フリーサイトを選んでしまい、被害妄想に悩まされました。

 

まとめ

 

初キャンプで不安な事をまとめてみました。

 

慣れれば大したことない事でも最初は怖いです。

 

しっかり準備しておきましょう!!

 

では、また!!

 

 

time-waits-for-no-one.com