【キャンプ用語】キャンプ初心者がおさえておきたい【10語】

【キャンプ用語】キャンプ初心者がおさえておきたい【10語】

f:id:ashwagandha:20200825003151p:plain



 

ちょっとだけふざけました。。

 

•クッカー

 

またはコッヘル。

 

アルミ=熱伝導率が高く炊飯向き。価格/安い


チタン=軽量で丈夫だが熱伝導率が悪い。価格/高い 登山で使用する人 多

 

ステンレス=丈夫、重い、価格/安い 熱伝導率悪い

 

•グランドシート

 

テントの下に敷くシート。

 

テントを買いにショップに行くと、大体オプションで併売される。

 

テント保護(地面の凹凸)。結露防止。浸水防止。汚れ防止。

 

正直シルバーシートとかで代用はできる。

 

しかし、純正品は大体テントの広さマイナス5cmくらい小さく作っているので、雨の際、浸水しにくい。

•シュラフ

 

寝袋をわざわざオシャレに言い直したもの。

 

寝袋でいいじゃんと思うが、妙に語感がいいので結局、使う。

 

化学繊維=安い、洗いやすい、かさばる

 

ダウン=高い、手入れがめんどくさい。コンパクト、軽い、暖かい。

•直火

 

焚き火台を使用せず直接焚き火をしていいこと。

 

一定層はこのスタイルに誇りを持ち、焚き火台の使用を頑なに拒む。

 

しかし、最近は直火を採用しているキャンプ場は希少な為、行くキャンプ場が限定されてしまい、肩身の狭い思いをしている。

•ダッチオーブン

 

料理スキルが突出したキャンパーのみ使用が許される逸品。


熱伝導率が高い為、ムラなく調理が可能。

 

旨味も凝縮され、炭を上下に置けばその名の通りオーブン効果が発揮され、パンとかも作れる。

 

ただ、サビやすく繊細な為、取り扱いがめんどくさい。

 

ずぼらキャンパーにはあまり向かない。

 

•区画サイト

 

縄張りのこと。

 

金銭授受により大体8m×8mの土地を得る。

 

2ルームテントがギリギリ入るサイズ。

 

始めたばかりの方は区画サイトにしておくと、どこにテントを張ったらいいかわからない、、

 

という思いをしなくていいのでオススメ。

 

•フリーサイト

 

自由な場所に設営していいこと。

 

まず、場所取りゲームの勝利者になる必要があり、お盆など混雑時に確認しないで行くと地獄を見る事になる。

 

始めたてだと、大体どこに張ったらいいのか右往左往し、途方にくれることになる。

 

張ったとしても怒られないか不安で全く心が休まらない。

 

停車場から遠くて途方にくれる場合も多々ある。

 

最初は区画サイトが無難。

 

大きいタープ大きいテントを張る際には非常に良い。

 

•火吹き棒

 

うちわ勢に一線を画す事ができる。

 

ピンポイトに空気を送り込めるので、炭に火をつける時にもよく使う。

 

一気に上級者になった気になれる。

 

収縮タイプはコンパクトでオススメ。

 

•着火剤

 

ブッシュクラフターからは不遇の扱いを受ける。

 

なぜか使用すると負けた気がするので、最後の砦としてカバンに忍ばせる。

 

基本はファイヤースターターで勝負するも、結局最強のアイテムという事に気付きバンバン使用する。

 

•設営

 

主にテントを張る事。

 

夫婦で設営すると大体喧嘩に発展する。

 

テントによって設営方法は違うが、一回コツを掴むと初見のテントでも感覚で張れるようになる。

 

とにかくフィールドに張って練習あるのみ!

 

以上10語でした!!

 

では、また!!