いつかクリアしたい憧れのボルダー課題【外岩】

いつかクリアしたい憧れのボルダー課題【外岩】

f:id:ashwagandha:20200712185843j:image

 

 

ボルダー課題というのは人生の大きな目標になります。

 

この課題をクリアしたいから生きているという情熱を持ちボルダリングに励む人も少なくありません。

 

ジムでの目標も素晴らしいですが、個人的には外岩での課題を目標にしてジムでは練習をするという意識だといいのかなと思います。

 

ジムの課題というのは結構変わってしまいます。

 

永遠にあるわけではありません。

 

しかし、外の課題は基本的に永遠です。

 

自然災害や、チッピングなどの行為がない限りはずーーっとそこにあります。

 

ボルダリングの歴史が刻まれた価値のある課題は外岩こそだと思います。

 

元々は外岩が原点で、ジムはあくまで練習場として存在していたはずです。

 

確かに外岩って怖いし、危ないです。

 

危険があるからこそ正しい準備をして挑みそこをクリアしていく。

 

無茶と挑戦は全く別物です。

 

正しい準備をすれば挑戦になり、成長につながります。

 

そんなクリアしたい課題をご紹介させて頂きます。

 

御岳ボルダー

 

御岳ボルダーは去年、歴史ある貴重な課題が失われました。

 

忍者返し1級デッドエンド1級です。

 

この2課題はクラシック課題として有名で、クライマーはこの課題に挑戦する為に、必死に練習をしてきました。

 

しかし、チッピングという人為的に岩を削る行為によって消滅してしまいました。

 

これはボルダリング界に衝撃を与え、未だ傷の癒えない出来事です。

 

人の目標を奪う卑劣極まりない行為です。

 

必死に練習して、あと一手でクリアという人が居たと思います。

 

これを目標にジムでトレーニングをしてきた人もたくさん居たでしょう。

 

そんな人の気持ちを踏みにじる最低な行為がチッピングです。

 

僕はまだボルダリングを始めて間もなかったので、この課題に触ってもいない状態でしたが、ボルダリングを続けてきてこの課題の価値に気付きました。

 

もう登る事ができないという事実は非常にショックでした。

 

もう二度とこのような事が起こらないようにと祈るしかありません。

 

御岳ボルダーは去年、台風被害もありました。

 

ボルダリングは少しでも傾斜などが変わると一気に難易度が上がったり、下がったりと繊細です。

 

この台風によって一部、難易度が変わったと言われている課題もあります。

 

今年も浸水被害が起こっているので、正直、御岳ボルダーが今後どうなってしまうのか想像ができません。

 

永遠だと思っていた課題も永遠ではないと認識した一年でした。

 

前置きが長くなりましたが、クリアしたい課題はこれです。

 

嶺の夕1級

 


御岳 嶺の夕 一級

 

忍者返し、デッドエンドが消滅した今、御岳の一級の代表格になりそうな課題かなと思っております。

 

高さが高く、下地が悪いです。

 

技術はもちろんですが、結構メンタル課題なんじゃないかと思っています。

 

最後一手はかなり遠そうで勇気がいるだろうなーと。

 

見た目も非常にかっこよく登ってみたい課題です。

 

小川山ボルダー

 

廻り目平キャンプ場の近くにあります。

 

キャンプ場からも歩いて行けるし、ロケーションも最高です。

 

川の近くではないので、チッピングがない限りは課題がなくなる心配もないのかなという感じです。

 

そんな小川山でクリアしたい課題はこちらです。

 

エイハブ船長1級


エイハブ船長 FL 小川山 【1級】

 

先程紹介したクラシックボルダー課題のうちの1つです。

 

3大クラシック課題のうち唯一の生き残りです。

 

「エイハブ船長を基準にボルダリングの難易度が作られた」というくらい誰もが認める一級となります。

 

ボルダリングを始めたからには絶対に登っておきたい課題です。

 

大人気なので平日でも人がいるので、マットがいっぱい敷いてあります。

 

マットが多すぎて、下地がジム状態になり安心です。

 

それでも高さもあるので、怖いことは変わらないでしょう。

 

特に、最後、岩の上に立つマントルという技をする時が本当に怖いのだとか。

 

そこが核心でしょうか。

 

恐ろしいですね。

 

でも、いつか登りたい課題です。

 

瑞牆ボルダー

 

瑞牆山の近くにあります。

 

この近くにあるキャンプ場も最高です。

 

www.city.hokuto.yamanashi.jp

 

最高のロケーションですね。

 

f:id:ashwagandha:20200712191839j:image

 

キャンプだけでも是非一度行ってみてほしいです。

 

課題クリアできなくても最高です。

 

さて、そんな瑞牆ボルダーでクリアしたい課題は、、

 

夏への扉1級


瑞牆 夏への扉(1級)

 

名前がオシャレでいいですよね。

 

嘆き岩というボルダーの塊から少し外れたことろにあるのも好きです。

 

ひっそりと謙虚な姿がかっこいいです。

 

なんかラスボスっぽい感じの位置にあります。

 

実際瑞牆は辛いので、めちゃくちゃ難しいでしょう。

 

いつか登ってみたいです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

こんな課題を目標に生きていると日々生きる意欲がわいてきます。

 

いつかこれをクリアする為に頑張ろうと努力できるので、日常が楽しくなります。

 

是非一度ジムで登ってみて、慣れたら外岩も検討してみてはいかがでしょうか。

 

では、また!

 

 

time-waits-for-no-one.com