夏キャンプ【寝袋より良くない??】超軽量・コンパクト

夏キャンプ【寝袋より良くない??】超軽量・超コンパクト

f:id:ashwagandha:20200728214655j:plain

 

 

 夏キャンプの季節がやってきました!!!

 

【夏】は一年でもっともキャンプ需要が高まります。

 

理由としては、夏って外に出たくなる!!ということでしょう。笑

 

そして、夏は冬のガチキャンに比べて道具が少なくて済みます。

 

ストーブもいらないし、スペックの高い寝袋もいらない。

 

冬用寝袋の価格の高さは、キャンプのハードルを一気に上げてしまいます。

 

夏用の寝袋なら、安い値段で手に入ります。

 

凍える心配もあまりないし、キャンプを始めるなら夏が一番ハードルが低いです!!

 

ここで色々な種類がある中、選択しなければいけない道具が、、

 

寝袋です。

 

夏のキャンプの寝袋はどうしよう??

 

という、お悩みを抱えている方に向けて発信していきます。

 

夏キャンプの特徴

 

とにかく暑い!!!

 

なんといっても暑いです。

 

あと、虫が出ます。

 

そして、人が多いです。

 

悪いとこしかないの??

 

いやいや、もちろんいい面もあります。

 

一番の理由は、、、

 

ビールが超絶うまい。

 

これにつきますね。

 

冬キャンプでは絶対に味わえない魅力です。

 

クーラーBOXでキンキンに冷やしたビールを、クソ暑い中で飲むのは醍醐味です。

 

※ビールが飲めない方は炭酸で!!!

 

これはやらないともったいない!!!

 

そして、汗だくになったカラダを風呂にぶっこむ、、

 

キャンプやっていると、夏は絶対行かないという人がいますが、僕は行く派です。

 

毎年絶対行きますね。

 

本題

 

そもそも寝袋いらない??

 

これを言ってしまうと、もう今日の記事終わってしまうんですけど、夏って暑いんですよ!!

 

当たり前のことを言っていますが、どんなに遮光性の高いタープ使っても、暑いものは暑い。

 

それは大前提なので、寝る時に寝袋いらなくね??

 

となります。

 

夏用の寝袋を選ぶポイント

 

では、いらないのかと言われれば、結論、寝袋はいります。

 

何故なら場所によっては気温差が激しく、寒くなる場合もあるから。

 

あと、包まれている方が寝やすいです。

 

夏用の寝袋でダウンの素材のものがありますが、これはキャンプでは使わない方がいいです。

 

登山で山に登るなら必要ですが、キャンプだけならコスパもよくないので、あまりおすすめしません。

 

寝汗をかく

 

では、どんな寝袋がいいのか言えば寝汗をかく前提で考えた方がよくて、すぐ洗えるもの!!

 

これが一番です。

 

夏なんて1回いけば絶対に洗わなければならないので、ダウンだと手入れがめんどくさすぎます。

 

専用の洗剤で洗って、陰干しをするなんて、、

 

それだけで嫌になりそうです。

 

なので、夏用なら化学繊維一択ですね。

 

丸洗いできるタイプも多いし、ダウンより安いし、コスパ全然いいです。

 

シーツ最強説

 

世の中にはコンパクトでコスパめっちゃいい寝袋がいっぱいアマゾンで出ていますが、今回推すのはシーツです!!!

 

では、早速いきましょう。

 

モンベル/キャンプシーツ

f:id:ashwagandha:20200728214625j:plain

 

スペック

 

重量:220g

サイズ:幅77cm×長さ184cm

収納サイズ:直径9×高さ15.5cm

素材:ポリエステル

 

 みてください。

 

このコンパクトさを!!

 

そして、軽量です。

 

素材はポリエステルなので、手軽に洗えます。

 

長さも184cmあるので安心です。

 

価格は約2000円です。

 

安い!!!!

 

このサイズ感なら持ち運んでも邪魔にならないし、使わなくても気になりません。

 

広げるとこんな感じです。

 

f:id:ashwagandha:20200728214637j:plain

 

やはりペラペラですが、ないよりは全然いいです。

 

肌ざわりも結構いいです!

 

下はマミー型っぽくなっていますね。

 

f:id:ashwagandha:20200728214621j:plain

 

ロゴス/シルキーインナーシュラフ

f:id:ashwagandha:20200728214645j:plain

 

スペック

 

重量:280g

サイズ:幅84cm×長さ210cm

収納サイズ:直径9×高さ17cm

素材:シルキーモイクロス

 

持った感じモンベルよりもちょっと重いです。

 

価格も約500円くらい高いです。

 

で、シルキーモイクロスって何??

 

って感じだったので、調べました。

 

シルキーモイスクロス
洗えて清潔・シルクタッチでサラサラ

ポリエステルファイバーをシルキーに織り上げた生地表面は、寝袋の肌面間隔をいつもサラサラに保ちます。軽量で洗濯してもシワや毛羽立ちになりにくく、汗の吸湿拡散効果も抜群です。

※ロゴスHPより引用

 

おお!!

 

丸洗いも可能!!

 

これは期待、、

 

広げると、、

 

f:id:ashwagandha:20200728214642j:plain

 

こんな感じです。

 

触った感じは【ザ・シーツ】って感じです。笑

 

サテン系の触り心地を期待しましたが、思ったより肌触りもシーツっぽいです。

 

ロゴス 寝袋 シルキーインナーシュラフ(チャコール) 72600323

ロゴス 寝袋 シルキーインナーシュラフ(チャコール) 72600323

  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

比べてみた感想

 

ロゴスの方は思った以上にシーツっぽかったです。笑

 

両方ちゃんと中に入れます。

 

個人的には、モンベルの方が好きかなーという感じでした。

 

シーツはテントの下に敷くだけでも全然違うので、持っていて損はないかと思います!

 

両方、保温性ほぼ皆無ですね。

 

保温性がないと不安な方は寝袋をどうぞ!!

 

まとめ

 

本来この商品の使い方は、寝袋に入れることで汗から寝袋の汚れを守ったり、寝心地を良くする為の商品です。

 

でも、夏ならそのまま使えばいいんじゃね????

 

と、思ったので記事にしてみました!!

 

夏だと使わなくて寝ることも全然あるし、少し寒くなっても羽織ることができるので、安心感にも繋がります。

 

どうしても保温性は寝袋には勝てませんが、、

 

とにかく軽量・コンパクトを目指す方はおすすめです!!!

 

使わない可能性があるなら、なるべくコンパクトで安くて、軽い方がいいと思ったのでこの考えに辿り着きました。

 

もし、寝袋なに買おうかな??

 

と、迷っている方がいたら是非参考にしてみてください!!

 

では、また!!

 

time-waits-for-no-one.com