【タープいらない??テントだけでいい??】季節で考える!キャンプスタイル

【タープいらない??テントだけでいい??】季節で考える!キャンプスタイル

f:id:ashwagandha:20200809115438p:plain

 

 

アウトドアショップに入ってまず、目につくのは大量のテント達。

 

どれを選べばいいかわからないし、、

 

最初にどんなスタイルにするのかもわからない、、

 

そんな悩みを解決します!!

 

結論

 

最初にスタイルを決めてしまう!!

 

具体例を出すと、、

 

①夏しかやらない

【王道】テント+タープスタイル

 

タープというのは屋根みたいなヤツのことです。

 

②春・秋しかやらない

2ルームシェルターorテント+タープスタイル

 

シェルターとはタープに壁ができたイメージです。

 

2ルームシェルターとは寝室付きのシェルターなので、シェルターよりも大きくなります。

 

タープとテントが一体型になっている感じです。

 

③オールシーズン

シェルター+テントor2ルームシェルター

 

以下、しっかり深堀りしていきます。

 

ただ、今後の事なんて全くわからないですよね、、

 

子供が大きくなったら、、

 

続くのかわからないのに、いきなり高額の商品を買うのは、、

 

など、色々あります。

 

現場でよくある質問・悩みに答えていけたらと思ってます。

 

本題

 

Q.1「夏しかやらないんだけど、何を買えばいい??」

うちわで扇ぐ人のイラスト(女性)

 

夏にしかキャンプをやらないという人はかなり多いです。

 

実際に一番需要が多い季節ですし、寝袋にお金をかけなくていいので、ハードルが下がります。

 

A.【王道】テント+タープがおすすめ!!夏は【遮光性タープ】が必須!!

 

ということです。

 

夏はタープがないとずーーっと炎天下に居ることになるので、きついです。

 

2ルームシェルターでも全然いいんですけど、夏しかやらないのであれば、2ルームシェルターはもったいないので、タープが必須なのかなと思います。

 

タープの選び方

 

ここで注意点があって、タープを買う時は「遮光性」が高いタイプにした方がいいです。

 

夏を除く季節なら遮光性が特にないタープでも大丈夫ですが、夏は「遮光性あり」を強くおすすめします。

 

time-waits-for-no-one.com

 

夏の日差しはハンパないです、、

 

林間サイトを選んでみる

 

タープなんて買いたくないよ!!

 

という人は林間サイトを選んでみましょう。

 

林間サイトであれば、ある程度は日差しを防いでくれます。

 

しかし、ある程度なのでやっぱりタープはあった方がいいです。

 

デイキャンプにも対応

 

テント+タープスタイルのメリットとして、タープを個別に持っていけるので、デイキャンプとも相性がいいということです。

 

2ルームシェルターを買うと、デイキャンプで設営するのは結構めんどくさいですからね、、

 

夏の天気の問題

 

夏は急に雨が降るので、タープがないとやはり不安です。

 

炎天下で干からびて、雨が降って荷物がビショビショだと、キャンプが台無しになってしまいます。

 

 Q2.「夏・冬以外はキャンプやりたいんだけど、、」

イチョウともみじのキャラクター(秋)

 

さて、こちらのスタイルは選択肢が一番広がります。

 

実際一番おすすめというか、春・秋はやはり最高です。

 

虫もいないし、寒くもないし、暑くもない、キャンプに適した季節です。

 

A.テント+タープor2ルームシェルターどちらでもOK!!しかも遮光性いらない!!

 

夏は遮光性があるタープを推奨させて頂きましたが、春・秋なら遮光性がなくても大丈夫です。

 

意外とテント系に関しては、安上がりかもしれません。

 

不確定要素が多い

 

安いなら春・秋最強じゃん!!

 

と、思ったらそんなことはないのです、、笑

 

春・秋は急に冷えたりするので夏と同じ感じでいくと、やばいです。

 

場所によっては4月で0℃も十分ありえます。

 

time-waits-for-no-one.com

 

なので、夏よりも寝袋などの装備に気を使わなくはいけない、一番難しい季節!!

 

遮光性の対策は必要なくても、今度は寒さ対策をする必要があります。

 

夏の延長で「まだまだ暑いし、夏用の寝袋でいけるっしょ!!」ってやると終わります。

 

3シーズン用の寝袋でいきましょう。

 

焚き火が最高

 

春・秋は焚き火で暖をとる時が最高です。

 

いい感じに焚き火が活躍してくれる季節です。

 

テント対策より、寒さ対策をしましょう!!

 

Q.3「ばりばりオールシーズンキャンプするぜ!!」

冬にタオルを回す人のイラスト

 

という猛者には、2ルームシェルターをおすすめします。

 

しかも、【遮光性のある2ルームシェルター】一択ですね。

 

なぜかというと、、

 

冬は寒いし、夏は暑いからです、、

 

冬の寒さ

 

0℃くらいなら外で焚き火をしてやり過ごせるんですけど、-5℃までいくと焚き火なんてやってられません。

 

寒すぎて外に居れません。

 

そんな時に避難シェルターがあると、助かります。

 

シェルターがないと、凍えて夜19時には寝袋にくるまって、夜を過ごすハメになります。

 

シェルターがあるだけでは寒い

 

シェルターがあればOKかというと、そうではありません。

 

さらにストーブを投入します!!

 

これが冬には2ルームシェルター一択!という、一番の理由です!!

 

中にストーブを入れてやると、全然違います。

※必ず換気しながら、使用してください。

 

弱めの石油ストーブでも、あるないで雲泥の差が、、

 

冬は外がきついということです、、

 

夏は暑い

 

遮光性がある2ルームシェルターを推奨する理由は、タープ不要なので、夏も快適です。

 

しかも、春・秋に寒いような、、暑いような、、

 

という微妙な時期に対応できるので、全シーズンカバーできます。

 

 

スノーピーク(snow peak) テント ランドロック [6人用] TP-671R

スノーピーク(snow peak) テント ランドロック [6人用] TP-671R

  • 発売日: 2016/12/24
  • メディア: スポーツ用品
 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

キャンプ場によってはレンタルもあります。

 

テントかタープをとりあえず買って、1回行ってみて必要だと思ったら買う!!

 

という選択肢も全然ありです。

 

テントだけ買ってみてタープは借りる方法は結構おすすめです。

 

慎重になりすぎて行動できないのはダメなので、まずはやってみましょう!!

 

time-waits-for-no-one.com

 

ちなみに今後ハマるなら、どれから買っても多分困らないです。($・・)/~~~

 

ハマれば間違いなく、テント・タープ・2ルームシェルターは全部買うことになります。笑

 

なので、なんとなくこのスタイル!!というので決めてしまいましょう。

 

以上季節ごとに選ぶべきキャンプスタイルでした!!

 

この記事が参考になれば嬉しいです!!

 

では、また!!