【テント最初の1張】アメニティドームVSツーリングドーム【結論:ポールの違い】

【テント最初の1張】アメニティドームVSツーリングドーム【結論:ポールの違い】

f:id:ashwagandha:20200807113952j:plain

 

みなさまどうもへっぽこキャンパーです。

 

初めてテントを買う時ってめちゃくちゃ悩みますよね。

 

最初に買わないと始まらないのに、価格的にも一番ハードルが高いです。

しかも、メーカー大量にあって意味わからない、、

 

テント選びというのはキャンプスタイルによって選び方が全然違うので【コレ!!】というものはない!!というのが結論です!!

ありがとうございました!!

 

となるとすべてが終わってしまうので、需要がありそうなものを勝手にフォーカスして解説していこうと思います。

 

需要がありそうなのが、アメニティドームVSツーリングドームではないでしょうか??

 

この2つのテントって価格差がかなりあるんですよね。

なぜ違うのか??

1番の違いは【ポールの素材の違い】です

 

ただ、ポールの素材がこれだからダメというわけではなく、適材適所があります。

 

テント生地やポールについては別記事で詳細に解説する予定です。

 

では、今回は【最初の1張りならこれがおすすめ】というテントをキャンプスタイル別にご紹介させて頂きます!

 

その前に個人的に思う【良いテントの条件】というのがあるので書いていきますのでお付き合いください。

 

ではいきましょう。

 

 

いいテントの条件とは??

条件

①縫製、耐水がしっかりしている。

②フレームがしっかりしている。

③保証がしっかりしている。

 

順番に解説していきます!!

 

①縫製、耐水がしっかりしている。

 

テント生地の縫製が適当だと浸水の恐れがあります。

 

当然、寝室が濡れたら嫌ですよね、、

これだけでキャンプが台無しになります、、

 

もし寝袋が濡れてしまうと、保温性を失うので寝袋なしで寝ることに、、

そうなれば低体温症の危険もあり得ます。

夏はとくに天気が変わりやすいですし、山の天気も変わりやすいです。

 

「大丈夫かもしれないけど、大丈夫じゃないかもしれない」というくらいの縫製、耐水では不安ですよね。

悪いテントを見ると、「縫製適当だな」とか「なんか浸水しそうだな」とかがわかります。

どうせなら「雨が降っても安心!」のテントがほしいですよね、、

 

耐水圧

 

耐水圧はメーカーでそれぞれ書いていますが、1500ml~3000mlあれば、そんなに神経質にならなくても、いいのかなと思います。

 

スノーピークは独自の基準

 

独自基準

スノーピークのテント、タープの耐水圧表記には、“ミニマム”という単語がついています。

たとえば、アメニティドームの生地の耐水圧は「1,800mmミニマム」です。

「平均値が1,800mm」なのではなく、「どこを計測しても最低1,800mmミニマム」なのがスノーピーク独自の表記です。

市販されている製品の耐水圧の表記方法は、ほとんどが生地上の計測の平均値なのです。

当然表記の数値より低い値の箇所も存在します。

スノーピークのミニマムは、生地上のどこの1点を計測しても耐水圧の最低の数値が1,800mmを保証するスペックです。

※スノーピークHPより引用

 

保証してくれているので、これは心強いですね。

 

②フレームがしっかりしている。

 

フレームは設営時にかなり影響が出ますし、重さにも影響します。

 

フレームの主な素材は以下の通りです。

 

フレームの素材

・スチール(鋼鉄)=重い、サビやすい、強度〇、安い

・ジュラルミン(アルミニウム合金の一種)=軽い、しなる、強度〇、高い

・FRP(繊維強化プラスチック)=強度△、安い

 

 

フレームは素材によって値段が変わります。

 

ジュラルミンでも、細かく分けると色々種類があるみたいですが、、

 

フレームに関しては、正しい設営の仕方をしていればそんなに折れるものではないですが、強度が違うのでできれば丈夫で軽いのが良いですよね。

 

③保証がしっかりしている。

 

保証する=品質に自信があるということなので、修理に出した時に神対応してくれるメーカーと、そうではないメーカーがあります。(修理価格が高いなど)

故障状況によりますが、修理に関して言うと、スノーピークは神対応です。

 

おすすめテント紹介

紹介状のイラスト

 

以上を踏まえて、どんな用途でどんなテントがいいのか考えてみます。

 

コールマン/ツーリングドームST 

 

とにかくコスパがいいのはコールマンのツーリングドームです。

ソロキャンプで有名なヒロシさんもこのテントを愛用しています。

 


ヒロシキャンプ【コールマン ツーリングドームST 紹介】

 

キャンプ続けるかわからないけど、とりあえずテントほしい!!

という人には非常におすすめの商品です。

 

ツーリングドームといいつつ、ちょっとかさばるし、ちょっと重いです。笑

徒歩でのキャンプを目指す人にとってはちょっと辛いかもです。

 

①縫製について

 

縫製に関しては触った感じ、全く問題ないかと思います。

雨でも安心です。

 

②フレームについて

 

ここが一番安くなっているポイントです。

FRPを使っているので、強度がやや気になります。

 

③保証について

 

これは経験からなんですけど、コールマンは修理金額がやや高めな印象です。

しっかり対応はしてくれるんですけど、他のメーカーに比べてちょい高いイメージがあります。

ただ、安いんでコスパは本当にいいです。

 

とりあえずキャンプやる!には十分なテントですし、長く使えます。

 

 

※動画でヒロシさんが使用されているツーリングドームのカラーは2021年現在、変更になっています。

 

ツーリングドームの推奨キャンプスタイル【車】とにかく初期費用をかけたくない人におすすめです!!

 

スノーピーク/アメニティドームS

f:id:ashwagandha:20200730030613j:plain

 

 

ツーリングドームとよく比較されるテントです。

なんでこっちの方が値段高いの??よく質問されます。

 

確かにわからないですよね、、

結論はポールがジュラルミンかFPRかの違いが最も大きいです。

 

そして、ブランド名というのもあり、スノーピークは全体的に高いです。(品質は最高ですが)

あと、保証がしっかりしていて、スノーピークの修理は比較的安く済むイメージです。

 

初期費用をとるのか長期目線を持つかで選ぶと良いと思います。

まぁ、コールマンも修理なしで丁寧に使えば問題ないわけですが!!

 

①縫製について

 

1800ミニマムなので、安心できます。

雨もしっかりカバーしてくれます。

 

②フレームについて

 

ジュラルミンを採用しているので、強度、しなり、軽さがあります。

 

③保証について

 

フレームの折れ、生地のやぶれにもしっかり対応してくれます。

金額も安く済むことが多く、ポール1本の折れなら1000円~2000円くらいで収まると思います。

 

愛用テントなんでバイアスかかってるかもですけど、実際使って約4年間ですが、全く問題ないことが証明できてるんで、そこは安心してください!!

 

ツーリングドームと同じく、徒歩だとちょっと辛いです。

僕は手に持って行ってましたけど。笑

 

time-waits-for-no-one.com

 

推奨キャンプスタイル【車】長く使いたいし、安心したい人におすすめです!!

 

Naturehike/キャンピング プロフェッショナルテント

 

 

これは正直触ったことがないので、わかりません。笑

ただ、アマゾンの評価がよかったので、候補に入れてみました。

このネイチャーハイクというメーカーですが、寝袋は買ったことがあり、安価で質も良かったので、悪い印象はないメーカーです。

 

①縫製について

 

現物触ったことがないので、不明です!(すみません

 

②フレームについて

 

ジュラルミンを使用しているみたいです。

多分悪くないと思います!

 

③修理について

 

これはどうなんですかね。

予想がつきません。笑

ただ、12ヵ月保証付きと書いてあるので、恐らく大丈夫かと。

 

ネットのスッペク頼りですが、全然ありだと思います。

グランドシートが付属しているのもポイント高いです。

かなり安いですし、徒歩でのソロキャンプ入門にいいのではないでしょうか。

 

 
この記事の信頼性【徒歩】安くて、軽いのがいい人におすすめです!!

 

スノーピーク/ファル2

f:id:ashwagandha:20200620101812j:plain

 

FAL2は徒歩キャンプ時の愛用テントです。

かなりお気に入りのテントで、好きな理由はあまり人と被らないからです。笑

 

アメドはしょっちゅう被りますけど、これはなかなか被りません。

マニアックですし、値段も高いので、、(アライテント買えちゃう、、

 

でも、キャンプメーカーの山岳テントだと思ってなめちゃいけませんよ!!

山岳テントでも全然通用するスペックです。

 

①縫製について

 

安心の品質です。

雨もばっちりです!!

 

②フレームについて

 

ジュラルミンを使用しています。

何回も使っていますが、曲がったことはありません。

 

③保証について

 

安心のスノーピーク対応なので、しっかりしてます!!

 

time-waits-for-no-one.com

※黄色カラーは廃盤です。

 

推奨キャンプスタイル【徒歩】高いけど、安心したい人におすすめです!!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

ソロキャンプ目線で紹介させて頂きましたが、ファミリーの方は1つ大きいサイズもあるのでそちらをチョイスしてみてください!!

 

参考になれば嬉しいです!!

では、また!!

 

time-waits-for-no-one.com