【キャンプ初心者ならコレ一択!!】SOTOアミカスクッカーコンボ【比較あり】

【キャンプ初心者ならコレ一択!!】SOTOアミカスクッカーコンボ【比較あり】

f:id:ashwagandha:20200906173637p:plain

 

最初にバーナーとクッカーを購入しようか迷っている時、何も持っていない状態であればSOTOから発売されている、クッカーとバーナーがセットになっている、アミカスクッカーコンボか、ポットコンボをおすすめします。

 

バーナーとクッカーほしいけど、何買ったらいいかわからない、、

これからキャンプを始めたいけど、何を買ったらいいかわからない人向けに書かせて頂きます。

疑問点を2つ挙げると。。

 

 

疑問点

・クッカー、バーナーを単品で買うかセットで買うか?

・直結型か分離型か?

 

結論

最初は単品で買う必要はないと思います。 

直結型のセットをオススメします。

 

f:id:ashwagandha:20200608082406j:plain

 

この2つどっち買ったらいいんだという事ですが、、

開けると、、

 

f:id:ashwagandha:20200608082411j:plain

 

微妙にクッカーの形状が違います。

アミカスセットなので、バーナーも一緒に入っています。

 

最大の違い

 

違い

(画像左)ポットコンボは110のガス缶が収納できる。

(画像右)クッカーコンボは250のガス缶が収納できる。

 

ガスの消費量

 

消費量

110のガス缶 30~50分くらい(登山4回分)

250のガス缶 50~1h20分くらい(登山8回分)

 

 ※気温差、風によって消費は変わります。

 

これはお好みですね。

収納したいガスの大きさによって選んでみて下さい。

 

アミカスポットコンボ

 

ポットコンボは110のガス缶が収納できます。

110のガス缶が収納できるので、コンパクト派にはこちらがおすすめです。

 

 

アミカスクッカーコンボ

 

250のガス缶が収納できます。

フタの部分がクッカーとして使用できます。

大きい方でご飯を炊いて、小さい方でみそ汁作るという事もできます。

料理に少しこだわりたい方はこちらをどうぞ。

 

 

 

いろいろバーナーを試した結果、最終的にアミカスに替えたので、このコンボを買っとけば間違いないです。

 

同じSOTOのウィンドマスターと迷っている方はこちらの記事もどうぞ。

 

time-waits-for-no-one.com

 

1.クッカー、バーナーを単品で買うかセットで買うか?

 

よほど気に入ったブランドがあるとかでない限り、そんなに重視しなくてもいいです。

メーカーによって、色々なクッカー、色々なバーナーを出していますが、素材が違うとかでない限り、値段、性能そんなに差はないです。

 

2.直結型か分離型か?

 

最初からガンガン料理したいという方は分離型をオススメします。

分離型はガス缶と、バーナーが離れています。

離れているので、輻射熱の心配をしなくていいです。

輻射熱とは、熱を持った物体がまわりも熱くしてしまう現象です。

よく、直結バーナーでスキレットを使う人がいますが、危険なので今すぐやめましょう。

直結型のバーナーだと、輻射熱によってガス缶が温まり、最悪爆発です。

長時間料理なら必ず分離型バーナーを使用してください。

 

分離型バーナーについては別記事で解説しています!!

 

time-waits-for-no-one.com

 

 ソロキャンプや日帰りトレッキング、軽いデイキャンプをまずはやってみたいという方は直結型をオススメします。

分離型って値段が高いものが結構多いし(¥10000-くらい)、コンパクトになるといっても、そこそこかさばるんですよね。

直結型はガス缶とバーナーがクッカーに収まり、コンパクトに持ち運べるように作っている事が多いです。

 

f:id:ashwagandha:20200608082402j:plain

 

メーカーによって色々なガス缶も出ていますが、基本的にガス缶の大きさは統一されています。

例えば、スノーピークのクッカーを買ってSOTOのガス缶を買っても、クッカー内に収まるようになっています。

 

注意点

 

ただ、ガス缶とバーナーのメーカーは一緒にして下さい。

ガス缶によって入っている成分が異なるので、プロパンガスだったりイソブタンガスだったりします。

なので、異なるメーカーのガス缶、バーナーは使わないようにして下さい。

問題はどのメーカーも規格がほぼ同じなので普通に使えてしまう、という事です。

無視すると、故障のリスクを背負う事になるかもしれません。。

ガス缶もメーカーによって、そこまで値段に差があるわけではないので、わざわざ他のメーカーのガス缶とバーナーと組み合わせるメリットはあまりないのかなと思います。

 

time-waits-for-no-one.com

 

直結型は安い

 

直結型は値段が安いです(¥5000-~¥8000-くらい)

なのでこれからキャンプ続くかわかないけど、とりえずという方は直結型でお湯沸かせるくらいの機能があれば十分かと思います。

キャンプをやめてしまったとしても、災害用、軽トレッキング、ハイキングなどにも使えるので今後の人生で意外と出番は多そうです。

 

まとめ

 

ソロキャンプって所有欲とかギアコレクションとかの楽しみもかなり多くて、結局好きなメーカーの物を買うのが一番幸せにはなります。。

 

ただ迷っている方はコンボ買うのもありかと思います。